虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2018年3月に読んだものメモ
ときおり改めておことわりしておかなきゃと思いますが、出版年月は奥付に記載されているのを書き写しています。実際の発売日とはずれていることがあります。今月ので言うと、『STOP劉備くん!! リターンズ!』は実際に書店に並んだのは2月20日だったはず。

今月は、買ったはいいけど読まずに積んでる漫画本をがんがん消化しようと思っていたのですが、最終的には漫画も活字メインの本もあまり読まない月として終了しました。いつのまにか漫画すら積むようになってしまった自分にがっくりだよ。


  • ソフィア・サマター『図書館島』(訳:市田泉/東京創元社,2017年11月/原書:Sofia Sumatar "A Stranger in Olondria" 2013年)
     書物と物語と、物語を文字で残していく行為への強い憧憬が心を刺してくるハイ・ファンタジー。作り込まれた言語体系、緻密な視覚的描写、次々と背景のなかに浮上してきてちらちらと片鱗を見せる別の物語の存在を前提とした語り口が、世界の奥行きを感じさせる。

  • いとうせいこう『小説禁止令に賛同する』(集英社,2018年2月)
     2036年、小説が禁止された敗戦国の獄中で、検閲を受けながら書かれた「随筆」(という体裁の小説)。この作中世界からは、私たちが生きている「いま、ここ」が「戦前」という位置づけになるため、かなりの毒と、薄ら寒さ、焦燥を感じざるをえない構造になっている。いろんな趣向が凝らされさまざまなレイヤーでの解釈が可能な多重的作品。小説という形式の否定を主張しながら綴られていく文中から、小説への思い入れや可能性への模索が伝わってくる。


  • 白井恵理子『STOP劉備くん!! リターンズ!』第1巻(潮出版社,2018年3月)
     約7年ぶりのシリーズ新刊。出版社を変えて(あ、昔のとこに戻ったんだっけ?)ウェブ連載が始まってからだいぶ経っているのですが、そのときどきの時事ネタをちょこちょこ絡めていく芸風なので、話題になってた事柄の記憶がおぼろげになっててオチの意味理解がちょっと遅れたギャグもあったり。なんでここまで本にまとめず寝かせちゃったんだろ(笑)。しかしそれはそれで、そういえばそんなのあったなあ、と懐かしくもあったりはしました。懐かしいと言えばもちろん、もうとにかく久々に読んで記憶どおりのブレない白井三国志の彼らで嬉しかった。人間離れしたお馬鹿さんなせいで決して死なない(死んでも生きてる)馬超、イメージトレーニングが裏目に出て泣きつつも無双な姜維、ついにドローンや3Dプリンターまで使いこなしはじめた雑兵A、みんなみんな可愛い。〔初出『Webコミックトム』2014年9月〜2015年6月〕

  • 竹田昼『ヒャッケンマワリ』(白泉社,2017年9月)
     内田百里遼椶鮹寧に読み込み、さらにはその生涯や周囲の人たちとの交流について思いを馳せつつテーマ別に語ってくれるコミックエッセイ。端正でどこかユーモラスな絵柄が内容にすごく合ってる。律儀にさまざまな資料に当たっていることが明白な一方、百里随筆中で「猫の死骸」のようだと描写した鞄が言葉どおりネコ型に描かれていたりと、ときにマンガ的な表現も盛り込まれていて楽しい。絵と文章からの情報量がとても多くて、少しずつ味わいながらゆっくりページをめくっていると、百寮萓犬虜酩覆魄柄阿茲蠅舛磴鵑汎匹鵑任澆燭なってきた。〔初出『楽園』第1号(2009年10月)〜24号(2017年6月)〕

  • 井上純一『中国工場の琴音ちゃん』第2巻(講談社,2018年2月)
     連載はチェックしてなかったので、最初のほうで東莞が注目を浴びてた時期だと分かるネタが出てきて、ああ、これが今頃やっと単行本に入るってことは、ずいぶんまとまるのに時間がかかったんだな、と。この巻では、社長の中さんのモデルになった実在のかたのコメントが各ページに入っており、漫画キャラとしてはとっても可愛い琴音ちゃんのドジっ子ぶりに本気で困っておられたようすも伝わってきたりして、読後感が分裂した感じになって正直なところちょっと戸惑いました。フィギュア製造は知らない世界なんだけど、塗料の配合の話とか、版権元とのやりとりの話とか面白かったです。中国の情勢がどんどん変わっていって、現地で工場を経営していく側としての対応なども変えていかざるをえない激動の時期が反映されている巻。身もフタもないようなオチには、現場のリアリティを感じる。

  • いなだ詩穂『悪夢の棲む家 ゴーストハント』第1巻(原作:小野不由美/講談社,2013年6月)
  • いなだ詩穂『悪夢の棲む家 ゴーストハント』第2巻(原作:小野不由美/講談社,2014年4月)
  • いなだ詩穂『悪夢の棲む家 ゴーストハント』第3巻(原作:小野不由美/講談社,2016年10月)
     前の「悪霊」シリーズのコミカライズとしての『ゴーストハント』はとても好きで全巻読んでいたのに、続編のこっちも漫画化されてたってずっと知らなかったのです。相変わらず情報量の多い原作を、ちゃんと分かりやすくそして恐く描いてて素敵。広田さんこんな感じかー。レギュラーキャラたちにも、久々に会えた! という嬉しさがあった。3巻目のカバーイラストの、ナルとジーンが並んでるの、なんかしみじみします。もう原作の続きが書かれることはないんだろうけど、当初はどう決着をつけるおつもりだったんだろうなあ。ジーンはあのまま放置でよいはずないから、続きの構想はあっただろうとは思うのですが。
Posted at 15:30 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
2018年2月に読んだものメモ
今月はオリンピックがあったのでけっこうテレビ観戦に時間を取られていました。まあ、ほぼフィギュアスケートのみなんですけど。そういえばこのわたくしがスポーツ観戦をするなど、数年前には考えられないことでした。世の中、なにが起こるか分からん。


  • 竹宮惠子『少年の名はジルベール』(小学館,2016年2月)
     去年の暮れに『風と木の詩』を読んだ際、よくもまあこんなとんがった作品が1970年代に発表できていたものだなあと思ってて、そうしたら竹宮先生がご自分の若い頃のことを書いた本が出ていると知ったので手に取ってみました。
     少年向け漫画で許されることが少女向けでは許されなかったというような黎明期に、竹宮先生をはじめとする大御所のひとたちが新しい表現を求めて戦ってくださったからこそ、いまの豊かな女性向け漫画の文化があるのだな、みたいなことを考えました。あと、いわゆる「24年組」の話でよくお名前が出てくる増山法恵さんのことをよく存じ上げずにいたので(ボーイソプラノのCDのライナーノーツによく文章を寄せてらした人、みたいな認識だった)、そんなにも竹宮先生に対して強烈な影響力を持ったかただったのか、とか。
     その一方で、この本では非常に率直に、竹宮先生が萩尾望都先生というタイプの違う才能のかたまりに出会って、さらには一時期同居までして、埋められない溝を感じさまざまに葛藤し苦しんでいたことが吐露されており、これ萩尾先生サイドから見るとどうなんだろうと思ったりもしました。萩尾先生は萩尾先生で、過去に読んだエッセイ集などを思い返すと、ご両親が漫画家という職業を理解してくれないことなど、同じ時期に人間的な苦悩があったはずなんだけど、とにかく竹宮先生視点で見た当時の萩尾先生の人物像が、なんだかものすごく浮世離れしていて。


  • 新保信長『字が汚い!』(文藝春秋,2017年4月)
     自分が書く文字に自信が持てない著者が、同じく字が汚い人や、逆に達筆の人、書道家やペン字教室の先生などに取材しつつ自分でもトレーニングをしてみたりして、手書き文字についての考察を深めていく。いわゆる完成された美文字とは違うけど味のあるいい感じの字、なんてのもたしかにあるなあ。私も決して自慢できるような文字は書けていないので、いろいろ身につまされながら読んだ。しかし草書でなく楷書が世の中の主流になった時点で、美文字というのは必然的に「丁寧に書いたもの」とイコールで、読み手に対してあなたのためにこれだけの時間をかけましたという表明になる……というのは、思いも寄らぬ視点であった。まあ私も、お手紙を書く際には意識してこれまでより丁寧に書いてみようという気になりました。あと、筆跡診断の先生が、文字だけを判断材料に書いた人の性格などを当てていくくだり、すごく面白かった。私も診断してみてほしい(笑)。右下がりの文字を書く人は「わりと斜に構えた批評家タイプ」とか説明されていて、えええ……ってなりました(私の字、微妙に右下がり気味なので)。

  • 『中国が愛を知ったころ 張愛玲短編選』(訳:濱田麻矢/岩波書店,2017年10月)
     1920年に上海で生まれ1995年に米国で亡くなった中華圏の有名作家の短編3つ。最初に入っている1943年の「沈香屑 第一炉香(原題《第一爐香》1943年)」はデビュー作。退廃的な生活を送る裕福な伯母の屋敷に引き取られた少女の視点での、きらびやかな世界の微細な描写の鮮やかさに溜息がもれ、報われない愛情や当時の女性としての人生における閉塞感の生々しさが胸を打つ。
     あとの2編「中国が愛を知ったころ(《五四遺事 羅文濤三美團圓》1957年)」「同級生(《同學少年都不賤》2004年〔1973〜78年頃に執筆〕)」は、巻末の訳者あとがきを読めば著者本人の人生が大きく反映されているのだろうと分かるけど、筆致がとても客観的だったり分析的だったり。
     張愛玲という作家は、名前はちょくちょく目に入っていても、いままでどういう人だったのか知らなかったので、あとがきで具体的な経歴を読んで、ご本人も激動の時代にあってこんなにも強い意思を持って人生を切り開こうとした人だったのかと驚嘆。


  • 妹尾ゆふ子『翼の帰る処 番外編 ―君に捧ぐ、花の冠―』(幻冬舎,2018年1月)
     一貫してヤエト視点で進んでいた本編と違って、すべてほかのキャラ視点の作品集。最初の短い3作は、以前ウェブでも読んでいたもの。第二皇子と伝達官のやりとりを描いた「剣の誓い」が公開当時からとても好きでした。
     表題作、本編ではさほどクローズアップされていなかったタナーギンが抱える秘密を中心に展開する、まさかのせつないお話。ヤエトのログアウト中も現世は現世で、複雑な事情と心情の絡まりあいやぶつかりあいがあり、それが本筋にきちんと噛みあって収まっているのが、物語の悲哀や皮肉とは別のところで気持ちいい。
     あと、こんな凝った口絵(電子書籍では再現無理な仕掛けあり)初めて見ました。巻末の登場人物紹介もボリュームがあってキャラ愛にあふれていて。しかしこれで本当の本当に最後だからこその大盤振る舞いなのかしら、と思うと読み終えてしまってちょっと寂しい感じも。


  • 植本一子『降伏の記録』(河出書房新社,2017年10月)
     日々のことを淡々と赤裸々に綴った3冊目。前作で病気が発覚したご夫君「石田さん」(ミュージシャンのECDさん)はさらにじわじわと弱っていき、それを見ている著者もどんどん精神を削られていきながらも、仕事やお子さんや周囲の人たちとの交流で浮上し、また沈み、こじれているお母さんとの関係にも苦しみつづけ……といった毎日が、やはり暴力的なほど率直に、しかし切実さの伝わる鋭利な美しい文章で綴られている。ご夫婦ともに、凡人には計り知れない感性と倫理で生きていてそこに傷つく人もいるだろうけど、もうそこは仕方ないんじゃないかな、だって、同じとこにどうしようもなく惹きつけられる人もきっと多い。読む前から、石田さんが先月お亡くなりになったことを知ってしまっているので、本書で告白されているすれ違いについて植本さんは折り合いをつけることができたんだろうか、あるいはこの件について最終的に石田さんと通じ合えたと思える時間はあっただろうか……とか、ついつい考えてしまうけど、そんなこと読者が詮索する権利はないんだ。ただ、もしも、もしも植本さんが書きたくなったら書いてくださればいいし出たらたぶん読みます、とは思う。

  • 田辺青蛙『人魚の石』(徳間書店,2017年11月)
     アメリカ旅行記とか、円城塔さんとご夫婦で共著の読書エッセイとかは楽しく読んでいたのに、そういえば本業の小説作品を拝読したことなかった! と思って。
     田舎の山寺の住職だった祖父のあとを継ぐと決めて子供時代の一時期を過ごした古いお寺にやってきた主人公が、得体の知れぬ生き物と遭遇してからの日々を描いた連作短編集。どこか気が抜けるようなかわいらしさもある言動をする人魚「うお太郎」のキャラクターや、最初のほうのお話のそれなりにほのぼのとした読後感に、「あれ? ホラー作家さんじゃなかったっけ?」と少々意外に感じつつ読み進めると、だんだんじわじわと主人公視点での認識が塗り替えられる部分があって、ふと足元が不安になるようなぞわっとする空気も。主人公だけが見出すことができるさまざまな「石」の存在が奇妙で面白い。
Posted at 18:48 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
2018年1月に読んだものメモ
  • 温又柔『たった一つの、私のものではない名前 my dear country』(葉っぱの坑夫,2012年11月)
     言語とナショナリティの関係性を突き詰めて語ろうとしているエッセイ数編を収録。日本語が、日本国籍を持たない人にとっても第1言語であったり、思考の根幹をなしてはいない言語がいわゆる「母語」であったりといった状況を、この著者にいろんな表現で説明されるたび、私自身にとっても第1言語である日本語のあらまほしき未来を見るような風通しのよさを感じる。「外国にルーツを持つ子供たち」へのエールとして書かれた最後のエッセイ「わたしの名前は導火線」が、勢いとリズムがあって素敵でした。

  • 碧野圭『スケートボーイズ』(実業之日本社文庫,2017年11月)
     怪我によるブランクを経て復帰した大学生スケーターと、大学新聞部のスポーツ担当部員の視点から、全日本選手権までの約1年。各国のトップが集結する国際大会ではなく、全日本を最終章に持ってきて、必ずしも状況的に恵まれてはいないなかでも競技愛を維持して精一杯がんばる選手たちの、試合までの道のりを丁寧に描くことで、フィギュアスケートというスポーツそのものの、技の難易度や得点数とは違うところにも存在する魅力や面白さが分かりやすく提示されているように思いました。ただ、演技の裏にある選手の内面まで踏み込んでしまうフィクションの世界のフィギュアスケート描写は、登場人物をリアルに感じるようになればなるほど、本当なら見てはいけないものを見ているような心臓に悪い感じもして、ちょっとしんどくもあり(笑)。思いがけず読みおえるまでに時間がかかってしまった。

  • 譚璐美『近代中国への旅』(白水社,2017年11月)
     中国人と日本人のあいだに生まれ中国に本籍がありながら日本で育った著者が、数十年にわたる中国のさまざまな人たちとの出会いを回想。3つのパートからなるが、天安門事件を生き延びた亡命者らを追って各々のその後のスタンスを取材した第2部に特に重みが。

  • 高山真『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』(集英社新書,2018年1月)
     フィギュアスケート観戦歴38年という著者の、競技への愛がたっぷり詰まっていて圧倒される。ジャンプ以外の部分についての解説の熱量がすごくて、とりわけ永遠の観戦初心者にとってはトランジションなどの見方への理解を深めてくれるのがありがたい。どの試合のどの演技のどこ、という具体例を出して、テレビの試合中継ではおしなべて「難しい入り方」としか言ってくれてないようなジャンプ前の動きなんかもきちんと具体的に言語化してくれるの勉強になる。また、各国の選手たちのそれぞれの個性を評価し、すべての選手に対して敬意を払った記述になっているので、書名に入っている選手以外のファンも気持ちよく読めると思います。とても真摯な本で、フィギュアスケートという競技を見ていくうえでの、観戦する側の姿勢を改めて省みるきっかけにもなり、背筋が伸びるような気持ち。
     出版社のサイトに、本に書ききれなかったという話題をさらに語った特設エッセイページもあります。
Posted at 16:33 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
2017年12月に読んだものメモ
というわけで、今年もありがとうございました。

正直なところを言うと、アクセスログも日頃はほとんど確認しないので、はたしてここを見てくださっている人がいるのかいないのか、さっぱり分かっていないんですけど。そもそも現状、ブログサービスから提供されてるアクセスログで取得できる情報が少なくて。どんな単語で検索されているかとかも、昔は閲覧できたのに、いつのまにか項目が消えてたわ(って、もしかして検索でここにたどり着いている人など誰もいないので必然的に項目が表示されない?)。

しかし自分用の記録としては、ここの読了メモも(基本的にTwitterからの転載とはいえ)それなりに役立っているので、これからも続けていくと思います。ひとさまの参考になるようなことは書けてませんが、たまたまご覧になって「おー、こんな本が存在するのかー」と思ってくださるかたがいたら、ちょっと嬉しい、くらいのスタンスです。


  • Cixin Liu“Death's End (The Three-Body Problem) ”(訳:Ken Liu/Tor Books, 2016年9月/原書:刘慈欣《三体III:死神永生》重庆出版社,2010年11月)
     「三体」シリーズ第3巻。2作目ラストで三体星人とかろうじて対等な関係を成立させることができた地球人サイドだったが、やがてその均衡が崩れて、という完結編。
     今回は主人公とその周辺がとにかく節目節目でコールドスリープに入りまくるため、主要登場人物たちがまだまだアクティブに動ける肉体年齢のままで、物語の舞台となる時代がものすごいびょんびょん飛ぶ。前作の主人公だった羅輯もメンター的な老人として登場(嬉しい)。
     主人公・程心が優秀なのに自己評価低めの内省的な女性で、わりと継続的にうじうじするので、彼女のビジネスパートナー兼親友となっていく女性、艾AAの前向きで豪快なキャラクターに救われる。しかし程心もただうじうじしているんじゃなくて、大いなる責任を引き受けて、信念を曲げることなく権限を行使した結果を常に気にかけている誠実な人で、それが物語の推進力になるし、作品テーマ(たぶん)にもかかわってくる。
     前作では天体間コミュニケーションには絶望しかないのかって感じの理論が展開されたが、完結編ではそれへのカウンターも示され、どんどん壮大なスケールの話になっていって、最終的には素直に大宇宙へのロマンを感じる流れに。


  • 阿部智里『弥栄の烏』(文藝春秋,2017年7月)
     シリーズ6作目。これで第1部完結だそうです。女子高生が主人公でびっくりした前作と同じ時間軸で、同じシーンを八咫烏たち側の視点から書いた部分の比重が大きい。全体像が見えてきていろいろ納得。ただ、私はこのシリーズがハイファンタジーじゃなく現実と地続きだったというのがはっきり見えてきた3作目のあたりから正直微妙にテンションが落ちてるので……。(個人的好みです、すみません。現実と地続きなものがすべて嫌というわけでは決してないのですが、このシリーズに限っては、最初のうち、もっともっと奥行きがある完全な別世界が構築されてると見えてた部分にすごく魅力を感じていたので、現実世界のなかの閉じたスペースだと知った時点でスケールが小さくなったように思って拍子抜けしてしまった)。でも八咫烏たちの生態(?)設定とかはやはり練りこまれていて面白い。

  • Shanna Swendson "Twice Upon a Christmas"(NLA Digital LLC, 2017年11月)
     会社員として収入を確保しながら夜はシンガーとして活動しつつも、だんだん二足のわらじ生活に無理が出てきている主人公。音楽仲間の親友にコイントスで決めちゃえーと言われたけど結局コインの表裏を確認する勇気が持てなかったある晩から、同じ日を2回ずつ繰り返して2つの違う人生を1日交代で送るように……というロマンティックコメディ。最終的にヒロインがどちらの人生(とパートナー)を選びたくなるかなんてもう初っ端から分かりきっている書かれ方なんですが、かるーく読めてクリスマスシーズンのわくわく感もあって楽しい。


  • 荒川弘『百姓貴族』第5巻(新書館,2017年,12月)
     ネタが尽きないですよねえ。それだけ、私たちが普段、農業に従事する人たちの生活や感覚をぜんぜん知らずに食べ物だけ享受して生きてるってことなので恥ずかしくはあるんですけど。それと、子供のうちから家業の労働力としてカウントされてるのを当たり前のこととして描写してるの、サラリーマン家庭で育った身にはすごく眩しく感じる。ホルスタインの登録に昔は斑紋を手描きしてたという話(荒川先生がよそんちの牛まで1頭500円で請け負ってたという)が面白かった。中国旅行エピソードで杜康潤先生が登場人物として出てきたのもちょっとテンション上がった(笑)。

  • 竹宮惠子『風と木の詩』全16巻(初出:小学館,1976年〜1984年)
     電子書籍ストアのebookjapanで、期間限定の全巻無料キャンペーンをやってたので、それで読ませてもらってしまいました。申し訳ないので、これのみタイトルからのリンクを、いつものアマゾンじゃなくそっちにしてます。
     ものすごく有名な古典作品で、いろんなところで引用されたりパロディ化されたりしてるのに、これまで詳しい内容を知らなかった。読んでみると、漠然とイメージしていたよりもはるかに厳しい話で、いまや退廃的な美少年全般を象徴的に表す代名詞として使われることすらある主人公ジルベールは、大人の身勝手によりネグレクトと虐待を受けてきた子供で、その育ちの歪さゆえにさらに他者の歪んだ妄執を引きつけてしまうような性質を帯びていくわけで、その魔性の魅力は必ずしも肯定的には描かれていない。
     この明確な思想性を持った物語を1970年代に少女向けの雑誌で連載していたのかということに、すごい衝撃を受けた。あと、主人公たちと同世代の女性キャラ(パトリシアやアンジェリン)が、この時代背景にあって自分の意思をきちんと持ち、弱さや葛藤を抱えつつも前向きに道を切り開いていく素敵な女の子たちで、この点にも正直、先入観を覆された(BLジャンルの先駆けと言われるようなお話なら、どうせ女性キャラは添え物なんでしょ……と侮っていたことを告白します)。
     電子書籍サイトにあった、竹宮先生ご本人のコメント付き作品背景ガイドも面白かったです(超ネタバレ注意)。デビュー50周年って、ほんとすごいよねえ。



(読了記録はいつも月の最終日に出していますが、今月は1日前倒し。2018年もよろしくお願い申し上げます。)
Posted at 12:36 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
2017年11月に読んだものメモ
  • 陳浩基『13・67』(訳:天野健太郎/文藝春秋,2017年9月/原書:陳浩基『13・67』皇冠文化出版,2014年6月)
     香港を舞台にした6つの連作。雨傘革命の直前の2013年から、時間をさかのぼって最終話の舞台は反英暴動が起こっていた1967年。市民を守ることを最優先するという自らの理念に従って時に超組織的な行動をとることも厭わない、優れた洞察力を持つひとりの警察官の、不穏な時勢のなかにあっても後進に志を継いでいく最後の事件から、不穏な時勢にもかかわらずそういう道を歩み始めるきっかけとなったのであろう最初の事件まで。
     ひとつひとつの物語が意外な展開を繰り出してくるミステリとして楽しめると同時に、通して読むと香港の世相の変遷が浮き上がる。最終話で「あ、そういうこと!?」っていう記述があって思わず第1話を読み返した。
     聞き覚えのある固有名詞が多く出てきて、映画で見ている香港警察のイメージで漠然と自然に脳内映像化してたけど、実際に映像化権を取ったのは(なかなか作品が完成しないことに定評がある)王家衛。気長に待とう。


  • 沼田真佑『影裏』(文藝春秋,2017年7月)
     第157回芥川賞受賞作。序盤の釣りに行くくだりの描写がすんなりと目に浮かぶようで美しい。性的志向や震災などの要素が出てくるけど、あくまでもさらりとした扱いで、特別なこととして作中でクローズアップしない姿勢に意思を感じる。主人公にとっては慣れない土地で得た大事な友人だった「日浅」への思い入れの空回り、目の前からいなくなってからそれまで見えていなかった部分が垣間見えてくることによる落胆もまた、主人公のなかでは正面から受け止めらることなく、ただ抑制されながら淡々と次の場所へと流れていく感じ。

  • 辛酸なめ子『おしゃ修行』(双葉社,2017年7月)
     なんかこう、すごく自分とライフスタイルの違う人の生活を垣間見た感。洋服屋の店員さんから繰り出される「ちょっとしたパーティーにも便利ですよ」的なセールストークは、こういう人がターゲットなのか。そしてこの人のスピリチュアル系な発言はどこまで本気なのか。


  • 寝猫『親が終活でしくじりまして』(三五館,2017年7月)
     著者のお母さまが亡くなってからの顛末。タイトルに偽りありなのでは。わりとすんなり揉めごとなく進んだほうだと思うし。むしろ亡くなったご本人の采配により、お葬式などにかかるお金がきっちり保険で下りるようになってて著者が「終活のカガミ!」と感謝する場面があるくらいだし。そして最終的には、やり残したことがあっても、あれやろうこれやろうと楽しみにわくわくしていた時間は幸せだったよね、残念な人生なんてことないよねっていう流れになっていくので、ほんと、ぜんぜんしくじってない。なんなんだこのタイトル。



 フィギュアスケートシーズンが盛り上がり始めたり、オンライン小説を延々あさってしまったり、読み始めた本がたしかに面白いのになんか少しずつしか読めなかったりしていたので、読了記録に入れられたものは少ないです。
Posted at 18:49 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark