中村うさぎ『狂人失格』

中村さんが数年前に出会ったネット上のとある実在の作家志望の女性にコンタクトをとった顛末。例によって、中村さんの筆は対象を通して、ひたすらご自分を追い詰め暴いていこうとする方向へ。

モデルとなったかたの実際のネット上でのお名前は本書では伏せられているのですが、じつは彼女のブログも拝見したことがありました。そして、私の感性が鈍いだけかもしれませんが、失礼ながら、中村さんによる描写のほうが、実際のブログよりもずっと迫力あって得体の知れなさと異常性が際立っている気がします。正直、これでここまで書かれなくちゃいかんのか、みたいな。ああ、だからこそノンフィクションではなく小説として提供されているのか?

以前、中村さんの対談集を読んでて、彼女が思春期にキリスト教を身近に感じる環境にあったことを知り、深く納得したことがありました。彼女の苦しみのみなもとである自意識とか自己嫌悪の問題は、たぶん原罪に対する贖罪の思想があればかなりの割合で棚上げされうる。

けれど、いったんその思想を拒否してしまったからには、それを棚上げしてはならないし、しかも外部からのほかの思想に頼ることなく、純粋に自力でなんとかするしかないんだ……と中村さんは自分を縛っているんじゃないかなあ。って、勝手に忖度して申し訳ないんだけど、私にはそういうふうに見える。本書の終盤でも、キリスト教的な比喩が多用されているしね。

現実には、宗教に頼らずとも、ある程度は棚上げしないと、生きてくのが辛すぎると思うんだけど。だから私はキリスト教徒にはなれないと悟ったあとも棚上げしているという自覚があるし、だからこそ私自身は凡庸な人生を送るだろうという自覚もあるんだけど。棚上げしないで突き詰めていくという決意をした中村さんが、最終的にどこに行きつくのだろうかというのは、やはり心の片隅で今後もなんとなく気になりつづけるのだろうと思う。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    ここはなに?

    ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
    管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。

    links

    最近の日々

    カテゴリ―別の日々

    これまでの日々

    コメントされた日々

    • 2016年3月に読んだものメモ
      ならの
    • 2016年3月に読んだものメモ
      かえる 改め きと
    • 2014年1月〜2月に読んだものメモ
      ならの
    • 2014年1月〜2月に読んだものメモ
      かえる
    • 2013年8月に読んだものメモ
      ならの
    • 2013年8月に読んだものメモ
      かえる
    • 2013年4月に読んだものメモ
      ならの
    • 2013年4月に読んだものメモ
      walkman
    • 2年が経ちましたね
      ならの
    • 2年が経ちましたね
      To-ko

    トラックバックされた日々

    日々の検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM