虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2年が経ちましたね
「あの日」からちょうど2ヶ月後に書いて某所にアップしようとして、結局あれこれ逡巡したすえに出さなかった英文があったのを思い出して、読み返してみた。ああ当時はこんなふうなこと考えて言語化していたんだなあ、と。そしていまも基本的な状況は、変わっていないのかもしれない、なんて。

このときの気持ちを覚えていたいという意味で、いまさらだけど公開してみます(日本語で書きなおす気力がなくてすみません、あと、おかしなところあっても見逃して!)。東京都にいる私は、ともすればうっかり、平穏な生活が戻ってきたかのように錯覚してしまいそうになるけど、でもね……というのを、忘れないようにしなければと思う。

【3/29追記】意外にもスルーせずにいてくださるかたが複数いらっしゃって申し訳ない気持ちが出てきたので、日本語訳もつけてみた(むしろすでに原文で読んでくださったかた、ごめんなさい、みたいな感じになったかも)。最初から日本語で書き起こしてたら、同じことを言うのでも私はこんな書き方しないよなあって思いながらの作業だった。あと、自分が書いた文章を和訳するために、けっこうちょくちょく辞書を引いた……。


Two Months After the Earthquake
(This text was originally written on May 11, 2011.)


Two months have passed since the 2011 Tohoku earthquake (officially named the Great East Japan Earthquake) and I still have the feeling that this cannot be real. Of course it's real, idiot, how can I say it's not? It's just that I yearn to make believe nothing devastating has ever happened. So many people killed, so many homes destroyed, and then as if we needed more, there were those nuclear plant accidents in Fukushima.

To be honest, I had never thought seriously about the electricity we use in Tokyo until then. We Tokyoites had been provided with abundant supply of electricity generated (at least partially) in nuclear plants, and those nuclear plants weren't even in Tokyo. However involuntarily it could be, the fact is that we had been endangering the people in faraway rural areas while enjoying our urban or suburban life.

I spent these two months feeling guilty about this, and feeling guilty for not suffering enough from the earthquake. It's not rational, but I couldn't help it. Why them and not us... not me?

I have learned through the Web that many people who survived the disaster are feeling the same way. Oh yes, there were relatively small damages that we did suffer from. After all, for most of us in Tokyo and the surrounding Kanto area, it was the largest earthquake in our whole life. We were shaken up both literally and mentally. As for the first several weeks after the quake, we had to endure some inconveniences including lack of groceries and intentionally caused blackouts due to power shortages. We feared in the dark that there would be hideous aftershocks, maybe yet another "Great Earthquake" in Kanto as well.

However, all those minor stresses hardly helped to lighten up my sense of guilt. I felt powerless. I have physical disorder and no job. After saving the amount needed for hospital expenses, the money I felt feasible for donation was so scarce as compared to that of other people. I can't even be a blood donor for the injured because I have been regularly taking medicines which affect my blood ingredients (and in addition, I have anemia due to my illness so I won't qualify for a donor anyway). What could I do then?

Meanwhile, people were saying "We must go back to normal life!" over and over again. If we, the less suffering lot, keep on suppressing our daily little pleasures by self-restraint because we feel guilty, it would just make things worse since our economic activities will then never recover from the already induced stagnation. Without economic revival, support for rehabilitation in the disaster sites is impossible.

So, here's the conflict. Gradually, our town has begun to return to its normal state, regardless of whether its inhabitants as individuals feel guilty or not. It's the right thing, of course, but at the same time, it feels terribly wrong.

Feels wrong because we know.

Yes, we know. Two months after the Great Earthquake, we now live our almost normal lives in this superficially recovered world. Yet we know that there are still countless number of disaster victims in Tohoku and partial Kanto areas –– still unable to sleep in private, lacking basic supplies, exposed to the threats of radiation, maybe crushed by grief and despair, struggling to get on, or just being exhausted to the extreme....

And, the depression caused by these thoughts itself induces another rise in my sense of guilt, because it's obvious I shouldn't be thinking as if everything is doomed like that. I have no right to feel depressed in their place; how arrogant am I? My emotions are going round and round... I have no idea when this cycle would stop.

Or, maybe it shouldn't stop.

For only by that way, I can remember. Remember always that I shouldn't take this apparently peaceful everyday life as granted. Remember always that something unfavorable might be going on under the surface, under the clouds of this social confusion. And last but not the least; remember always that I should be open-minded to any idea by which I can do something useful, although my power alone is so small.

***


〔日本語追加:2013年3月29日〕
あの地震から2ヶ月
(※原文は2011年5月11日に書かれたものです)


2011年の東北での地震(正式名称は東日本大震災)から2ヶ月が経ったけれど、まだこれが現実のことだとは信じられない思いです。馬鹿だなあ、もちろん現実だよ。非現実のはず、ないですよね。ただ、壊滅的なことなんて、なにもなかったのならいいのにって、考えずにいられない。あんなに大勢の人たちが亡くなって、あんなに多くの家が奪われて、そこに追い打ちをかけるかのように、あの福島での原発事故が起こって。

正直言って、そのときまで、自分たちが東京で消費している電力について、わたしは真剣に考えたことがありませんでした。われわれ東京人は、(すべてがではないにせよ)原発から供給された電力を湯水のように使っていたくせに、その原発を東京に置こうとすらしていなかったのです。いくら知らず知らずのことだったとはいえ、わたしたちは都市またはその郊外での生活を享受しながら、遠く離れた地方に住む人びとを危険にさらしつづけていたのです。

この2ヶ月、わたしはこのことについて罪の意識にさいなまれ、そして、地震によって受けた苦しみが「充分」でないことについて、うしろめたく感じていました。理屈で考えれば変な話ですが、どうしてもそう感じてしまうのです。なぜ、苦しむのはあの人たちであって、わたしたち……いや、わたしではないのだろう?

ウェブを通じ、被災を免れた人びとの多くが同じように感じていることを知りました。そう、たしかに比較的ささいな苦しみならありました。なんだかんだ言っても東京やその周辺の関東在住者の大半にとって、今回の地震は、これまで生きてきたなかで、かつて経験したことのない規模でしたし。現実的にも心情的にも、混乱が激しかった。直後の数週間は、食料品や日用品が手に入らなかったり、電力不足による計画停電があったりと、多少の不自由さにも耐えなければなりませんでした。暗闇のなかでわたしたちは、すさまじい余震が来るのではないか、もしや今度はさらに、関東でも「大震災」が起こるのではないかと、怯えていました。

しかしながら、こういったこまごまとしたストレスで、うしろめたさが減ったとはとても言えません。自分の無力さを感じました。いまのわたしは、身体を壊していて、職もない。医療費分を取りわけたら、義援金として出せる金額は、ほかの人たちと比べて、なんと少ないことか。献血をして、負傷した人たちのお役に立つこともできません。血液成分に影響の出る薬を常用しているから(また、それがなくても、疾患が原因の貧血のせいで断られてしまうでしょう)。わたしにできることって、あるんだろうか。

一方、世間では「もとの生活に戻らなくては!」ということが、しきりに言われていました。さほど被害を受けたわけでもないわたしたちが、罪悪感に縛られて日常のささやかな楽しみをずっと自粛するようになってしまったら、すでに停滞している経済活動は、いつまで経っても盛り返すことがなく、事態はますます悪くなるばかりだ、と。経済の再生がなければ、被災地の復興支援だって不可能だ、と。

さて、ここで葛藤が生じます。わたしたちの街は、住民が個人的にうしろめたく思おうが思うまいが、徐々に通常の日々を取り戻しはじめている。もちろん、それは正しいことです。なのに同時に、おそろしく間違っているんじゃないかという気がしてしまうのです。

だって、知っているから。

そう、知っている。大震災から2ヶ月が経って、わたしたちはいま、表面的には回復を遂げたこの世界で、ほぼ元通りの生活を送っています。でも、知っている。東北および関東の一部地域には、いまも数えきれないほどの被災者がいることを。いまだ寝起きのときもプライバシーを保てず、生活必需品も不足し、放射線の脅威にさらされて。悲嘆と絶望に押しつぶされている人たちだっているかもしれない。前へ進もうと必死にもがいている人たちだって。あるいは、ただただ、どん底まで疲れきってしまっている人たちだって……。

さらには、こんなふうに考えて落ち込むことそのものからもまた、別の罪悪感が湧いてきます。なぜってそんな、もうなにもかもおしまいだ、みたいな思考になってていいわけないですよね。そんな資格もないのに、勝手に被災した人たちの身になった気でどんよりしているなんて、どんだけ傲慢なの。だからわたしの感情は、同じところをぐるぐると回っています……いったいいつになったら、この堂々めぐりは止まるのか。

いやむしろ、止めないほうがいいのかも。

なぜなら、こうやってぐるぐる考えるからこそ、わたしは忘れないでいることができるのです。常に心に留めておける。この、一見平穏な日々の生活を、当たり前に思っていてはいけないのだということを。パッと見には分からないどこかで、この社会の混乱に乗じて、なにか不穏な動きがあるのかもしれないのだということを。そしてまた、なんといっても、自分がなにか役に立てることがあればすぐに気づけるよう、わたしは心を開いておかなくちゃいけないんだということを。わたし一人の力は、とてもちっぽけなものだけれど。

Posted at 22:01 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
from: To-ko   2013/03/20 9:54 PM
今更なコメントでごめんなさい(…て、ここに書き込むたびに毎回言ってる気がします…)。
「罪の意識を感じる」って書いてる文章にこんなコトを言うのはなんなのですけど、私、ならのさんのこうゆう考え方されるところが好きです。
今までも、たとえば「結婚されてるのに結婚してない人に対してこう感じる」とか、そういう話が好きでした。
自分が今現実にたっている位置からだけではなく、別の立場にいる自分をも想像できて、迷われてるのが、すごく好き。

私も「なるべく普通の生活をするのが支援」ってのには、何とも言えないものを感じてました。理屈はわかるけど、そうなのかもしれないけど、でも、でも、でも……って、「でも」をどうしても感じてしまっていた。
私は育ったのが福島で原発に近い場所(除染しなくちゃいけない土地です)なので、今でも月イチくらいで福島に通っています。住民が少なくなってしまった村に行くたび、なんとも言いようのない気分になります。関東に住んでる気楽な身分なのにね……
ホント、忘れないようにだけは、しなくちゃいけないといつも思います。
from: ならの   2013/03/21 10:20 PM
めんどくさいものを読んでくださってありがとうございます。
(日本語付けようかなーと思いつつ放置中……)

To-koさんは、普段実際に住んでるところは関東でも、
福島の状況をずっと直接見てきていらっしゃるから、私より
さらにさらに、葛藤は大きくていらっしゃるんじゃないかと
思います。

そんなTo-koさんが、私の遠くからの甘っちょろい感傷を
否定することなく、むしろ共感を示してくださったことで
なんだかちょっと救われた思いです。

コメント感謝!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262057