虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2016年7月〜8月に読んだものメモ
なんかこの夏はあんまり本読みモードじゃなかったです。

  • 山口恵以子『早春賦』(幻冬舎,2015年11月)
     明治維新後に成り上がった実業家の娘が公家華族に嫁いだものの、典雅をよしとする家風のなかで疎外され、夢見た結婚生活とはほど遠い境遇に置かれ、しかし不屈の精神で自分の地位を確立していく。とても強いヒロインなのだけれど、最初の天真爛漫なお嬢さまが最後には目的のために冷徹な計算もする、どこか歪んだ倫理観さえ持った絶対君主的な女性になっているので、幸せとは……みたいな読後感に。しかしその歪みを「痛ましい」とは感じさせず、主人公はひたすらに気位高く凛として描かれる。とにかくドラマティック。昭和の昼ドラっぽい娯楽性がある。

  • ケン・リュウ『蒲公英(ダンデライオン)王朝記 巻ノ二 囚われの王狼』(訳:古沢嘉通/早川書房,2016年6月/Ken Liu "The Grace of Kings" 2015)
     かつては肩を並べ志を同じくしたふたりが、敵対する間柄に。権力を持つことの重みと人間としてのあり方、歴史に名前が残る意味などに思いを馳せつつ、所詮は高みにおわす神々の戯れや慰みであるとも描写されることですべては悠久の時間の流れの一部なのだという達観も湧いてくる。前の巻では、どうせ私は詳しくないしとあまり「元ネタ」を意識せず書かれているストーリーに没頭していたが、この巻では否応なしに「こう来たか! こうアレンジするか!」と要所要所で下敷きになっている故事を突きつけられて舌を巻かざるを得ない感じ。そして前回も言及したのでしつこいようだが、武侠モノっぽい荒唐無稽なノリやけれん味やお約束感が苦手で敬遠してる人には、裏表紙に「武侠小説」と書いてあるけどあれ気にしなくていいから、とお伝えしたい(私はそういうのも好きで期待しちゃったので初め戸惑ったんだけど)。

  • Shanna Swendson "Rebel Magisters (Rebel Mechanics Book 2) "(NLA Digital LLC, 2016年7月)
     まだイギリスから独立できてない19世紀アメリカが舞台の歴史改変スチームパンクファンタジー、シリーズ2冊目。史実からだいぶ遅れたけどボストン茶会事件、来たーー! 魔力を持つ上流階級に蒸気機関技術で対抗する平民たちによる地下組織の活動メインだった前作に対して、今回は生まれたときから個人の資質を無視して自由意志なく進む道を決められ重税にあえぐ、上流階級のなかに潜む各地の若き反乱分子たちの事情が描かれる。ともに革命を希求するが立場を異にする者たちの接点になるのは、今回も両者の狭間に立ち位置がある主人公のヴェリティ。この主人公がさりげなく有能キャラでしかもがんばっちゃうおかげで、ものごとがどんどん進んでいってあっけないほどなのだが、その「がんばり」の部分が真摯なので素直によかったねと思える。著者としてはこの作品のターゲットを「ヤングアダルト」と想定しているようなので、他シリーズよりも話の流れがさくさくしていてピンチのあとわりとすぐにスカッとする展開になっているのはたぶん意図的。


Posted at 14:42 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262096