虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2016年10月に読んだものメモ
  • ヘスター・ブラウン『逃げ出したプリンセス〈上〉』
  • ヘスター・ブラウン『逃げ出したプリンセス〈下〉』(訳:今泉敦子/創元推理文庫,2016年2月/原書:Hester Brown "The Runaway Princess" Havercroft Ltd., 2013)
     偶然出会った欧州小国のプリンスと、英国田舎出身のガーデナー。奇跡のように意気投合してすぐに相思相愛、ロマンチックなプロポーズで迷いなく婚約、しかし……。
     婚約後の「しかし」の部分がシビアにリアルに。いまのネット社会ならそうなるよねー、というようなこともたくさん。家族や仕事への影響も多大。しかもプリンスとそれをめぐってすれ違いまで。ヒロインの本業に対する姿勢と情熱の描写がとてもよかったので、このくだりは胸が痛む。主役ふたりがすごい良識派かつ穏健派なので安心感はあるのだが、意地悪してきた相手が作中で報いを受けることもなく、むしろ欲しいもの与えて喜ばせて「はいはい」とスルーして終わったのはなかなか新鮮かも(そしてここで「え? それだけ?」と思った私は性格が悪いかも)。本来社交的なタイプでなくていちいちあわあわする主人公のキャラには好感と共感。


  • 小前亮『天下一統 始皇帝の永遠』(講談社,2016年8月)
     秦の始皇帝の生涯を小説形式で。聡明な素質はありながら人質の子として自己評価低く育ち呂不韋の導くまま王位につくが、やがて李斯と出会って自ら政治を動かすことに興味を持っていくという流れで内面含めて描写して、天下統一までの過程を重点的に。登場人物の性格設定が明解で話が整理されているので分かりやすい。序章で死期の近づいた晩年の始皇帝を出したあと幼年期から語りはじめ、天下を取ったあとの不老不死に執着する段階を経て、残るものと残らないものへの言及につなげる構成もすっきりしている。

  • 川瀬七緒『女學生奇譚』(徳間書店,2016年6月)
     いわくつきらしい古本の取材を依頼されたフリーライター。犯罪の匂いがする本の内容、現実とのリンク、主人公の特殊事情などが絡み合って、やがて追っていた謎とはさらに別の枠組みが現れる。作中作自体も面白い。振り回された主人公たちの今後を応援したくなった。

  • 中島京子『彼女に関する十二章』(中央公論社,2016年4月)
     50歳の女性の平凡なようで案外と驚きに満ちた日々のできごと。可愛げとたのもしさをかもし出せるこういう人いいなあ。作中で引用される伊藤整の随筆の真摯なレビューにもなっている。夫婦のときにかみ合わないが最終的に長年の連れ添いを感じさせる会話もよい。

  • 山口恵以子『恋するハンバーグ 佃はじめ食堂』(角川春樹事務所,2016年7月)
     去年出た『食堂のおばちゃん』の舞台だったお店の、一世代前のお話。大手ホテルに勤めていた先代(前作ではすでに故人)が仕切っているのでメニューもだいぶ前作と違う。本格フレンチにこだわっていた店主が、妻や地元のお客さんたちの意見を聞いて「白いご飯に合う洋食」にシフトしていくくだりや、修行時代の仲間が大きな賞をとって国際的にシェフとして認められていくくだりはちょっと切なかったけど、店主本人はすっぱり前を向いているし、とにかく出てくるお料理がすごく美味しそう。本作のヒロインが、前作のあのたのもしいお姑さんになって、本作ではまだ小学生の息子くんが、前作のヒロインと結婚するんだなー……とか、のちのちのことを考えながら読めるのも楽しい。

  • 浅野里沙子『藍の雨 蒐集者たち』(ポプラ社,2016年8月)
     実力あるジュエリーデザイナーで、骨董商だった父の跡継ぎとしても仕込まれており、さらには元ミス・ユニバースという、「どんだけ」的な高スペック主人公が家事万能な男性秘書とともにクールに生活しながらさまざまな場面で出くわす犯罪の裏を推理。登場する美しいジュエリーや古美術品などの描写がとても詳細で鮮やかに浮かぶのが楽しい。連作短編集だけど、主人公父の死のいきさつという、最初のエピソードで大前提として出された最大の謎が最終話まで解かれないままだったので、今後シリーズ化するのかな。

  • ミュリエル・スパーク『あなたの自伝、お書きします』(訳:木村政則/河出書房新社,2016年7月/原書:Muriel Spark "Loitering with Intent" 1981)
     20世紀半ばのロンドンで、自伝協会なる怪しげな団体と関わりを持った、作家を目指す女性が、自分の未発表作品を現実が模倣しているかのような奇妙な事態と、デビュー作出版に対する執拗な妨害を乗り越えていく。アクの強い登場人物が次々と出てきて、主人公が書いている小説とリンクした言動をとり始め、事実として書かれたものも虚構と入れ替わりうるのだと提示されていくさまは悪夢っぽくさえあるが、全体の筆致はむしろユーモラスで引き込まれる。

  • 宮下奈都『羊と鋼の森』(文藝春秋,2015年9月)
     今年(第13回)の本屋大賞作品。新米ピアノ調律師のお話。音楽的には決して恵まれた環境では育っていない彼が、こつこつとピアノに向き合い、先輩調律師たちのそれぞれのスタイルの違いに触れながら感覚を研ぎ澄ませて自分なりに解釈していく音の描写が繊細で、作品全体にどこか世俗を離れたような雰囲気も。


  • Thunderbolt Fantasy Project『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 アンソロジー』(KADOKAWA ビーズログコミックス,2016年10月)
     9月末まで放送していた日本・台湾コラボの伝統人形劇から派生したコミックアンソロジー。本編最終回のネタバレがあるので注意。旅の道中や敵方の日常など、軽い感じで読める短いお話が11個。お泊り会にテンション上がる殺無生とか、ちょっと噴いてしまった。どれも絵がきれいで楽しい。個人的には、本編では出番6分だった丹衡兄上が丹翡ちゃんの回想や夢で登場する作品が複数あって嬉しかった。一人称が「俺」になってた作品には少し驚いた。人生で最高最悪にテンパッてた瞬間にもあんな古式ゆかしい口調で啖呵を切った兄上が妹の前では「俺」を使うという発想はなかった。でもこれはこれで萌える。
    〔執筆陣・敬称略:高山しのぶ(カバーイラスト)・岩崎美奈子(口絵イラスト)・秋月壱葉・餅岡望・海月孝・菊野郎・桧村タキ・甲斐・柳ゆき助・篁アンナ・林マキ・平未夜〕


  • 中村光『聖☆おにいさん』第13巻(講談社,2016年10月)
     私が贔屓しているルシファーが名前しか出てこなかったが、相変わらず堕天使のくせに面倒見がよくてほんわか。次の巻ではぜひまた直接の再登場を。ブッダの母とイエスの母が互いへのコンプレックスを乗り越えママ友になれてよかった(息子たち的には大変なのか)。

  • よしながふみ『きのう何食べた?』第12巻(講談社,2016年10月)
     登場人物の時間が容赦なく進んでいくぞ。そこが面白さではあるんだけど。最後に出てくる新しい事務員さん好感度高いな! 末永く居ついてほしい。さつまいもご飯、子供の頃に亡母が作ってくれてたのに、これ読むまで忘れてた。今度やってみる。

  • 細川貂々『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版,2016年5月)
     いつも以上にシンプルな絵柄で、亡くなったお母さんとの関係を分析した作品。これまでの夫婦や子育てについての作品と違って、故人である当事者の了承を得られていないというのもあるんだろうけど、実話としてではなく架空のキャラに託して語らねばならなかったこと、お母さんの呪縛に気付いて逃れるところで話が終わっており、そこからタイトルにつながる具体的描写がいっさい出てこないことに、現在進行形の生々しさを感じる。実際にはもう、ここに描かれているところからさらに状況は前に進んでいるのかもしれないのだけれど。
Posted at 23:10 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262098