虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2017年5月に読んだものメモ
  • Shanna Swendson "Rebels Rising" (NLA Digital LLC, 2017年4月)
     魔法と科学が拮抗する英国統治下の19世紀アメリカが舞台の歴史改変スチームパンク・ファンタジー第3弾。いよいよ、独立に向けての気運が高まる。同時に、1作目でいずれ重要な意味を持ってくるのではと思っていた、主人公の出生の秘密がとうとう明らかに。そしてそれゆえに、否応なしに危険なミッションを引き受けることに。前作でいったん離れ離れになったヘンリーとも再会して共闘するけど、なんだかんだヒロインを守りたがるヒーローの横にあっても、とにかく彼女が前に出て自分の仕事をきっちりやりとげてて凛々しい。あと、著者は最初にこのシリーズ始めたときはそんな意図なかったんじゃと思うけど、異なる種族やさまざまな階層の人々の不満が噴出してデモから革命になだれ込んでいく描写が、現代のアメリカでも争点となっているダイバーシティ関連のあれこれをも妙に連想させる。

  • ピーター・トライアス『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン〈上〉』
    ピーター・トライアス『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン〈下〉』(訳:中原尚哉/ハヤカワ文庫SF,2016年10月/原書:Peter Tieryas "United States of Japan" 2016年)
     第2次世界大戦で日独側が勝利を収め、日本統治下にあるアメリカ。ゲームと巨大ロボットメカに彩られたキッチュで退廃的な世界はなかなか面白い。しかしストーリーの大半が1988年設定な理由がよく分かっていません。現実の2017年にも確立されていないような近未来っぽい技術が、いったいどういうわけで戦勝国が違うだけで80年代(しかも現実より荒廃)に実現しているのか。そんなところに引っかかるせいでなんか気持ちがページの外に引き戻されるのは、私の頭がカタいのか。なにか読み逃しているのか(と、Twitterに書いたら、なんと著者ご本人から、本書の下敷きとも言える、同じく日独側がWW兇脳〕した世界を描く1962年発表の古典SF、フィリップ・K・ディックの『高い城の男』でも、1960年代の技術水準が高度である、というレスポンスがありました……野暮なことを言ってすみませんでした!)。
     とりあえず結局この作品世界でなら、たとえ史実どおりアメリカ側が勝っていても、現実の1988年よりも殺伐としたダークな社会が形成されちゃってるんじゃないか、みたいな拭い去れない虚無感はあって、そういうのはフィクションとして嫌いではない。
     ちなみに、同時発売された単行本(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)1冊バージョンもあります。


  • Colonel Sanders "Tender Wings of Desire" (YUM! Brands, Inc., 2017年)
     KFC米国本社が、母の日キャンペーンの一環で公開したロマンス小説。お母さん食事の支度はいいからフライドチキン食べてロマンチックな空想でもしてゆっくりしてねってことみたい。
     興味を示していた友達に、読んだらどんなんだったか教えてねって言ってたけど、結局自分で読んだ(ヒマ人か!)。その友達が『欲望の柔らか手羽』という邦題を考えてくれたので脳内でそれを採用していたが、残念ながらひどい表紙詐欺(リンク先の書影をぜひご覧ください)で、作中にチキンが登場しない。表紙絵を無視すれば題名から普通に想像される、「箱入りお嬢さんだったヒロインが外の世界に出て自らの欲求に忠実になって羽ばたく」系の話でした。そしてなんかとんとん拍子に八方丸くおさまり大団円。大真面目にテンプレとクリシェてんこもりで、これはむしろ笑いを取りにきていますね?
     ヒーローのラストネームや経営している企業の名前は出てこず、外見描写としては「ほとんど白にも見える明るい色の髪の、眼鏡をかけたハンサムな男性」みたいな感じにぼかしてあります。年齢も不詳。とりあえずカーネルおじさんのファーストネームはハーランド、という知識を得た(ググって確認)。




今月は、あれこれ手を出しては最後まで読み通さず……というのを繰り返してしまった。来月はもうちょっと集中力が戻っていればいいなあ。
Posted at 21:27 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262105