虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2017年7月に読んだものメモ
  • いとうせいこう『どんぶらこ』(河出書房新社,2017年4月)
     表題作は、ふたつのケースを交互に追った、かなりきつい感じの老人介護小説。介護される側の状態やつらさはわりと似通っているのに、介護する側のもともとの生活環境とか情報収集力とか外部との連携とかに格差があって、状況がまずいほうに流された人が、さらにどんどんまずい状況になっていくのがリアルでしんどい。
     併録の2作は、1作目のふたりの主人公のうちの片方の人の、過去にさかのぼったファミリーヒストリーのようなもの。海外生活が長くドイツ語翻訳を生業とする彼が、最初にドイツ語や英語で書いたものを日本語に翻訳しているという設定の文体は、ときおり入れ子構造がすごくて二度見・三度見しなければならなかったんだけど、その読みにくさが、望遠鏡を逆さに覗くような「記憶の向こう」的な距離感をもたらしている気もする。


  • 遠田潤子『冬雷』(東京創元社,2017年4月)
     現代的な価値観では推し量れない因習が色濃く残る海辺の町を舞台に、将来を決められがんじがらめになったまま育っていく、結ばれない定めの少年少女が、悲劇に翻弄される。著者インタビュー記事で『嵐が丘』のような物語という発注だったと読んで深く納得。和洋折衷の古い館や神社、鷹、土地に伝わる昔話などの狭間から、どろどろした人間関係がこぼれ出てくる。

  • 円城塔+田辺青蛙『読書で離婚を考えた。』(幻冬舎,2017年6月)
     ウェブ連載はときどき読んでいました。それぞれ自作のジャンルも普段の読書傾向もまったく違う小説家夫婦が、相手に読んでほしい本を交互に指定。容赦のないセレクションと互いへのツッコミ、垣間見えるおふたりの日々の生活などなどから赤裸々に浮かび上がるすれ違いに、読んでるほうもどきどきする。
     初めのうちは、「え、田辺さんって円城さんのことめちゃくちゃ好きだな! 臆面もなくダダ漏れだな! なんだかもう、『じゃれついてる』って感じ! なのに円城さんはクールだな!」って思うんだけど、だんだん「いや円城さんも普通に田辺さんのことすっごい見てるな? 相手を変えようとか思わずそのまま受け入れちゃってるがゆえのクールさなんだな?」って感想になってきた。なんにせよ、違う者同士が違う者同士のままカップルでいるようすに勇気付けられる。
     毎回の課題図書が本気で多岐にわたっており、選書の段階ですでにおもろい。あと円城さんによる、こういう軽めの文体を、私はこの企画で初めて読んだ気がする。新鮮。課題図書以外の文中で引き合いに出された本にもちゃんと注釈が入っているので助かります。


  • 宿野かほる『ルビンの壺が割れた《キャンペーン版》』(新潮社,2017年7月)
     新潮社が異例の発売前全文無料公開キャンペーン(期間限定)を張ってまでプロモーションしていた自信作、らしい(リンク先は8月発売予定の単行本)。過去に婚約関係にあった中年男女の、SNSでのメッセージのやりとり。長い年月を経て突然、過去の女に距離感を詰めた長文を送ってくるおじさんがいかにも書きそうなメッセージの雰囲気がよく出ていてとても気持ち悪い(褒め言葉)が、これに律儀に返信しつづける女性のほうもなんかちょっと……などなどと、違和感を引っ張っていって、やがてタイトルの意味も明らかに、というのは分かるのだけれど、ミステリとしては伏線のないまま出てくる真相がある(よね?)ので推理の余地がないし、普通のお話としてはさらっと表面をありがちになぞりすぎてて(気持ち悪さは巧く出てるんだけどね!←二度言いました)、本当に「タイトル回収してドヤ」だけが主眼なのでは? と、たぶん供給側の意図とは違うところでびっくりしてうまく受け止められなかった。ただ、文学青年崩れの距離感読めないおじさん文体を「あるある」と楽しめるひと、「タイトル回収してドヤ」が好きなひとにはそれだけできっとすごく面白いと感じるんだろうとは思います。

  • 前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書,2017年5月)
     失礼ながらお名前を覚えていなかったんだけど、以前たまにウェブで文章を拝見していた、あのかたかな? と思ったらやっぱりそうで、バッタのためにアフリカまで行っちゃう、こんなノリのいい文章をお書きになる日本人ほかにいないよね!
     言葉も満足に通じないなかで想像以上に過酷で運に左右されるフィールドワークを進めていくさまが、悲壮感を抑えた筆致で語られるけど、事実を並べられただけでも、どんなに大変だったかと……。反面、好きなことに邁進していくエネルギーに畏敬の念が湧いてきます。
     あと、バッタとイナゴの区別を本書で初めて知りました(「相変異」の有無)。そこかよ! いままで、なんか緑色っぽいやつがバッタで茶色っぽいやつがイナゴ、みたいなすごく間違った認識でした。もうひとつ蒙を啓かれたのは、アフリカではバオバブの実の粉末と砂糖で作ったジュースが飲まれているという記述ですね。数年前に、ペプシの「バオバブ味」っていうのが出たとき、「バオバブの味なんか誰も知らんだろうに詐欺飲料だろ」とか言ってすまなかった。
Posted at 17:12 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262107