虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2017年10月に読んだものメモ
  • 鴇澤亜妃子『宝石鳥』(東京創元社,2017年8月)
     最初はそれぞれ関係がないように見えた人たちが、とある儀式の場に向かって集結し、つながっていくまでの過程がまったく予想できなくてわくわくした。タイトルにもなっている宝石鳥という存在やその伝説が生きる神秘的な島のエキゾチックな文化の描写がとても美しい。第2回創元ファンタジイ新人賞受賞作。

  • キャスリーン・フリン『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』(訳:村井理子/きこ書房,2017年2月/原書:Katherine Flinn "The Kitchen Counter Cooking School: How a Few Simple Lessons Transformed Nine Culinary Novices into Fearless Cooks" Viking Penguin, 2011)
     いろんな事情で料理という作業を身近に感じられないまま大人になった女性たちを集めて基本的な考え方のところから教えていくというプロジェクトの経過を綴ったノンフィクション。
     自信がなく調理に手を出せず出来合いのものに頼っていた生徒たちが、どんどん厨房に居場所を見つけ、食材や調味料の質を気にする「意識の高い」料理人になっていく。ただし、それぞれ自分が無理なくできる範囲で。必要なのは、ちょっとした後押しだったんだね……という、すごく「いい話」。
     読みながらアメリカと日本では、かなり状況が違うだろうな、というようなこともつらつら考えていた。そもそも日本だと、TVディナー売ってないしなあ。冷蔵庫小さいしなあ。小学校から男女ともに家庭科の授業があるのも、たぶん大きいよね。
     個人的には、「料理ができない女性=ダメ女」みたいに取れちゃう邦題がちょっと意地悪だな、と思いました。原題には "Culinary Novices(料理初心者)" という表現しかないし、ここに出てくる人たちは料理にエネルギー割いてこなかっただけで、そのほかの分野ではすごくがんばって生きてきたということがちゃんと語られていて、著者もぜんぜんダメ女なんてこと思ってない(だからこそ、生徒たちも素直にレクチャー受けることができてる)。翻訳書のタイトルは出版社側に権限があると伝え聞くので、翻訳者のかたには責任ないとは思いますが。
     あと、これも個人的な好みの問題なんですが、文章が途中で頻繁に太字になって強調されているのが、かえって気が散る感じで、少なくとも私にとっては読みづらかったです。電子書籍の英語版サンプルを確認したところ、原文ではそういうフォントいじりみたいなことはしてなくて、引っかからずにするっと読める。本当はそんな小細工なしでも文脈でじゅうぶんに伝わっている「ここが注目すべき面白いところですよ」っていうのを、わざわざ教えてあげなくちゃと出版社側に思われるくらい、日本語の読者が信頼されてない?
     まあそれはそれとして基本的には登場人物たち全員に肩入れしながら温かい気持ちで読みました。


  • 北大路公子『私のことはほっといてください』(PHP文芸文庫,2017年7月)
     基本的に日常エッセイ集なんだけど、ときおり言葉がぽーんと予想外の空想側に寄っていってずんずん進んでいく疾走感、ふっと力を抜いて可笑しみをかもしだすタイミング、すべてが心地よく、無意識の領域に達した熟練のわざって気がする。

  • 春日武彦『鬱屈精神科医、お祓いを試みる』(太田出版,2017年7月)
     前作『鬱屈精神科医、占いにすがる』の続きといえば続きなのだけれど、全体を通して、相続したマンションを大幅に改築してそこで暮らし始めるという話を中心に展開している感があるので、構成的に前よりもすっきりした印象を受ける。私小説とエッセイの狭間というか、立派な功績もあるお医者さまがよくぞここまでさらけ出してと思ってしまうような赤裸々な内面の吐露であると同時に、すごく周到に演出もされているような筆致。前作と同じく、ところどころにハッとするような鮮烈な情景描写があって、それは大事件でも超常現象でもなんでもない、日々のなかのひとこまなんだけど、そこに強い情動が発揮されるという点に、なぜだか深い共感を喚起される。
Posted at 14:07 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262110