虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2017年12月に読んだものメモ
というわけで、今年もありがとうございました。

正直なところを言うと、アクセスログも日頃はほとんど確認しないので、はたしてここを見てくださっている人がいるのかいないのか、さっぱり分かっていないんですけど。そもそも現状、ブログサービスから提供されてるアクセスログで取得できる情報が少なくて。どんな単語で検索されているかとかも、昔は閲覧できたのに、いつのまにか項目が消えてたわ(って、もしかして検索でここにたどり着いている人など誰もいないので必然的に項目が表示されない?)。

しかし自分用の記録としては、ここの読了メモも(基本的にTwitterからの転載とはいえ)それなりに役立っているので、これからも続けていくと思います。ひとさまの参考になるようなことは書けてませんが、たまたまご覧になって「おー、こんな本が存在するのかー」と思ってくださるかたがいたら、ちょっと嬉しい、くらいのスタンスです。


  • Cixin Liu“Death's End (The Three-Body Problem) ”(訳:Ken Liu/Tor Books, 2016年9月/原書:刘慈欣《三体III:死神永生》重庆出版社,2010年11月)
     「三体」シリーズ第3巻。2作目ラストで三体星人とかろうじて対等な関係を成立させることができた地球人サイドだったが、やがてその均衡が崩れて、という完結編。
     今回は主人公とその周辺がとにかく節目節目でコールドスリープに入りまくるため、主要登場人物たちがまだまだアクティブに動ける肉体年齢のままで、物語の舞台となる時代がものすごいびょんびょん飛ぶ。前作の主人公だった羅輯もメンター的な老人として登場(嬉しい)。
     主人公・程心が優秀なのに自己評価低めの内省的な女性で、わりと継続的にうじうじするので、彼女のビジネスパートナー兼親友となっていく女性、艾AAの前向きで豪快なキャラクターに救われる。しかし程心もただうじうじしているんじゃなくて、大いなる責任を引き受けて、信念を曲げることなく権限を行使した結果を常に気にかけている誠実な人で、それが物語の推進力になるし、作品テーマ(たぶん)にもかかわってくる。
     前作では天体間コミュニケーションには絶望しかないのかって感じの理論が展開されたが、完結編ではそれへのカウンターも示され、どんどん壮大なスケールの話になっていって、最終的には素直に大宇宙へのロマンを感じる流れに。


  • 阿部智里『弥栄の烏』(文藝春秋,2017年7月)
     シリーズ6作目。これで第1部完結だそうです。女子高生が主人公でびっくりした前作と同じ時間軸で、同じシーンを八咫烏たち側の視点から書いた部分の比重が大きい。全体像が見えてきていろいろ納得。ただ、私はこのシリーズがハイファンタジーじゃなく現実と地続きだったというのがはっきり見えてきた3作目のあたりから正直微妙にテンションが落ちてるので……。(個人的好みです、すみません。現実と地続きなものがすべて嫌というわけでは決してないのですが、このシリーズに限っては、最初のうち、もっともっと奥行きがある完全な別世界が構築されてると見えてた部分にすごく魅力を感じていたので、現実世界のなかの閉じたスペースだと知った時点でスケールが小さくなったように思って拍子抜けしてしまった)。でも八咫烏たちの生態(?)設定とかはやはり練りこまれていて面白い。

  • Shanna Swendson "Twice Upon a Christmas"(NLA Digital LLC, 2017年11月)
     会社員として収入を確保しながら夜はシンガーとして活動しつつも、だんだん二足のわらじ生活に無理が出てきている主人公。音楽仲間の親友にコイントスで決めちゃえーと言われたけど結局コインの表裏を確認する勇気が持てなかったある晩から、同じ日を2回ずつ繰り返して2つの違う人生を1日交代で送るように……というロマンティックコメディ。最終的にヒロインがどちらの人生(とパートナー)を選びたくなるかなんてもう初っ端から分かりきっている書かれ方なんですが、かるーく読めてクリスマスシーズンのわくわく感もあって楽しい。


  • 荒川弘『百姓貴族』第5巻(新書館,2017年,12月)
     ネタが尽きないですよねえ。それだけ、私たちが普段、農業に従事する人たちの生活や感覚をぜんぜん知らずに食べ物だけ享受して生きてるってことなので恥ずかしくはあるんですけど。それと、子供のうちから家業の労働力としてカウントされてるのを当たり前のこととして描写してるの、サラリーマン家庭で育った身にはすごく眩しく感じる。ホルスタインの登録に昔は斑紋を手描きしてたという話(荒川先生がよそんちの牛まで1頭500円で請け負ってたという)が面白かった。中国旅行エピソードで杜康潤先生が登場人物として出てきたのもちょっとテンション上がった(笑)。

  • 竹宮惠子『風と木の詩』全16巻(初出:小学館,1976年〜1984年)
     電子書籍ストアのebookjapanで、期間限定の全巻無料キャンペーンをやってたので、それで読ませてもらってしまいました。申し訳ないので、これのみタイトルからのリンクを、いつものアマゾンじゃなくそっちにしてます。
     ものすごく有名な古典作品で、いろんなところで引用されたりパロディ化されたりしてるのに、これまで詳しい内容を知らなかった。読んでみると、漠然とイメージしていたよりもはるかに厳しい話で、いまや退廃的な美少年全般を象徴的に表す代名詞として使われることすらある主人公ジルベールは、大人の身勝手によりネグレクトと虐待を受けてきた子供で、その育ちの歪さゆえにさらに他者の歪んだ妄執を引きつけてしまうような性質を帯びていくわけで、その魔性の魅力は必ずしも肯定的には描かれていない。
     この明確な思想性を持った物語を1970年代に少女向けの雑誌で連載していたのかということに、すごい衝撃を受けた。あと、主人公たちと同世代の女性キャラ(パトリシアやアンジェリン)が、この時代背景にあって自分の意思をきちんと持ち、弱さや葛藤を抱えつつも前向きに道を切り開いていく素敵な女の子たちで、この点にも正直、先入観を覆された(BLジャンルの先駆けと言われるようなお話なら、どうせ女性キャラは添え物なんでしょ……と侮っていたことを告白します)。
     電子書籍サイトにあった、竹宮先生ご本人のコメント付き作品背景ガイドも面白かったです(超ネタバレ注意)。デビュー50周年って、ほんとすごいよねえ。



(読了記録はいつも月の最終日に出していますが、今月は1日前倒し。2018年もよろしくお願い申し上げます。)
Posted at 12:36 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262112