虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2018年9月に読んだものメモ
  • 温又柔『空港時光』(河出書房新社,2018年6月)
     空港が出てくる短編10作は、どれも淡々と細やかな筆致で、ちょっとした出来事を切り取る感じ。台湾と日本を行き来する、さまざまな背景を持ちさまざまなシチュエーションに置かれた老若男女が順繰りに主人公になっている。まさにこの著者だからこそ、このすべての視点に立って、きっとこういう人は本当にいるな、と思えるような物語を作れるのだろう。最後に収録されたエッセイは、読みながら著者の旅路を一緒にたどるような気持ちで複雑な歴史に思いを馳せ圧倒されるとともに、同行したご友人たちとのやりとりが暖かい。

  • JYYang "Waiting on a Bright Moon"(Tor, 2017年)
     これはいわゆる「シルクパンク」というジャンルになるんだろうか。中華要素てんこもりSF短編。スペースコロニーで政府のために働く主人公女性は、遠方にいるパートナーと漢詩を同時に詠唱することにより感応を同期させ両者間に亜空間トンネル的ななにかを開いて物質を転送できる能力者。最初あまりにも普通になんの注釈もなく中国語が分かること前提の記述が混じってくるので困惑したが、著者名で検索したらシンガポールの人だったので納得。本来、英語だけを読む人に向けて書かれた作品ではなく、たぶん「英語も読む華人」がターゲットなんですね。視点人物が常に二人称youで語られ、一貫して現在形しか使われない特徴的な文章が、臨場感とともに、どこか語り手から主人公が突き放され乖離したような不穏な雰囲気もかもし出している気が。厳然とした無情感が漂う一方で、漢詩の響きともあいまって場面によっては描写に濃密な美しさを感じる。
     余談ですが、中国語理解前提っぽいところは、たとえば、とある集団メンバーがJia, Yi, Bing, Ding……と呼ばれてるとか。これが甲・乙・丙・丁……であることを知らない読者は、単なるニックネームと受け止めて、個性を剥ぎ取られた呼称、みたいな解釈はしないのでは。あと漢詩はそのまんま簡体字で引用。ちなみに作中で使われているのは、岳飛(1103-1142)「満江紅」と、蘇軾(1037-1101)「水調歌頭」です。(←ググったので自分用にメモ)


  • 宇佐美まこと『骨を弔う』(小学館,2018年7月)
     小学校時代に5人が共有したとある体験を、そのうちのひとりが40歳になって思い出し、ほかの面々を訪ね歩くことで、徐々に明らかになってくる、最初に思っていたのと違う真相。単に謎が解けていくだけでなく、当時に立ち返ることによって、登場人物たちのある意味それぞれに停滞していた現在が、よい方向かどうかは未知数ながら動き始めたところで終わる。正直、当時小学生だったなかでいちばんクズいのはみなを訪ね歩く男性(そして作中いちばんの良キャラは彼の父親)なのではって思うんですが、彼が子供の頃のことが、子供の頃のことだからって物語全体でなんか許される感じになってるの、もやっとするんですが、彼が動いてあれこれ掘り返すことがきっかけでほかのみなの人生も動いてさわやかなラストに導かれるのでもやっとはしながら飲み込んで読み終えてしまうのだった。お父さんいいキャラだし、そのお父さんの息子だし。

  • 阿川佐和子+大石静『オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉』(文藝春秋,2018年1月)
     対談集。ちょうど阿川さんがご結婚されたしばらくあとから始まっているので、ご夫婦の幸せそうなお話とか微笑ましい。ずっと自分の名前を世間に出して表現に携わるお仕事をしてこられたおふたりなので、その辺の強さが見えるやりとりもかっこいい。ただ、両者ともここまでそうやって生き延びてこられたわけだから、ある程度はマッチョな考え方でいらっしゃるのも自然なことかもしれないけど、パワハラやセクハラ、ぶっ倒れるほどのブラックな働かされ方があってこそ面白いものが作れる、みたいなことを普通に思ってらっしゃることがうかがえる対話を読んでいると、胸がきゅーっと苦しくなった。そんなものがあると明るみに出た時点でコンテンツの受け手側は素直に楽しめないし、なくてもちゃんと面白いものは生まれていくんだ、いまはその過渡期なんだと信じたい。私よりだいぶ上の世代であるこのおふたりのような感覚が、私より下の世代に波及しないように、私らのような名もない庶民であっても、あいだに立って身近なところからの草の根運動で食い止めていかねばならんのだなという思いを新たにした。だいたい、よく分かってないおじさんたちにセクハラの説明をするとき、よく「上司の娘さんに向かってできないことはほかの女性にもやっちゃ駄目」みたいなことが言われるじゃないですか。阿川さんなんかは、常に背後に、お父さまという周囲の年上の業界人にとっての「上司」的な存在があったから、小娘時代にも、人間としての尊厳をとことんずたずたにされるような経験を回避しやすかったんじゃないですかね(ひがみっぽい感想でごめんなさい)。もちろん、阿川さんご本人がお父さまとの関係にご苦労なさったのは、この対談でもほかで読んだ文章でも分かってるんだけど。

  • 八島游舷『天駆せよ法勝寺』(東京創元社,2018年6月)
     第9回創元SF短編賞受賞作。『年刊日本SF傑作選 プロジェクト:シャーロック』に収録されたなかの1編。電子書籍ではバラ売りしてました。
     「佛理学」に基づいて開発されたお寺が祈祷で推力を得て「中有(宇宙)」へと飛び立つ。だいたいもうイメージで押し切られて読んじゃってるんですが、仏教に支えられたテクノロジーと社会のありようがとても面白いしこの短い物語の周囲に奥行きと広がりを感じる。
     発売直後の話題になってたときに買ったまま読みそびれていましたが、このところの災害続きでツイッターのみんながしきりに大仏造立が望ましいとかハイブリッド大仏がよいとか言いはじめたので「そうだ! いま読むのは!」ってひらめいて開きました。
Posted at 12:33 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262121