虫のいい日々

あぶはち取らずと言われても、極楽とんぼで過ごしたい。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ここはなに?
ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。
これまでの日々
コメントされた日々
トラックバックされた日々
MOBILE
qrcode
 
2019年1月に読んだものメモ
  • 倉田タカシ『うなぎばか』(早川書房,2018年7月)
     うなぎ絶滅後の世界を舞台とした5つの連作短編。うなぎの妙なる美味しさ、うなぎを救えない日本人の愚かさ、うなぎを大切に偲ぶ者たちのせつない思い、うなぎの墓を自認するうなぎ型ロボットのけなげさ……。もどかしさと、焦燥感と、希望がないまぜになる読後感。

  • 大友義博(監修・解説補遺)『フェルメール 生涯の謎と全作品』(解説執筆:池畑成功,伊藤あゆみ,植田裕子,岡田大/宝島社,2015年10月)
     タイトルそのまんまの本。作品鑑賞の手引きに加え、フェルメールの一生、時代背景、同時代のオランダの画家の簡単な紹介、世間を騒がせた盗難事件や贋作事件の概要まで、ひととおりの知識を分かりやすくまとめてくれてる入門書。『魅惑のフェルメール全仕事』(2015年1月刊,宝島社TJMOOK)を加筆修正・再構成して改題したもの。

  • 小林頼子+朽木ゆり子『謎解きフェルメール』(新潮社, 2003年6月)
     やはり作品鑑賞の入門書だけど、フェルメールの故郷デルフトの案内ページなどもあり。全体として文章が少し口語的に砕けていて、好みが分かれるかも。制作当時の状況や作品の真贋に関して、小林先生がご自分の意見をずばずば表明するのが楽しい。いま上野でやってる展覧会に来てた「赤い帽子の娘」(12月に引き上げられたので、1月に行った私は観ていません)は、普通にフェルメールの作として展示されてたみたいだけど、小林先生は作品の質自体は評価しつつ、フェルメール作ではなさそうという立場をとっておられるんですよね(奥付を見たら古い本だったので、あとで比較的最近の小林先生の本もちらっと見てスタンスが変わっていないことを確認しました)。

  • 篠田節子『鏡の背面』(集英社,2018年7月)
     さまざまな背景のある女性たちが頼りにし、信じて見上げていた人が、実は「その人」ではなかった、という発端から、新たに判明した事実によって外堀がどんどん埋まっていくなかで、むしろ「その人」とは、そして「もとの人」とはなんなのか……と、ひとの人格部分に対する認識のゆらぎが常に存在し、強まっていくのがスリリング。視点人物側からは古い価値観のゲスなおじさんという位置づけにされているキャラクターに、作者がわりと最初からそれでも憎めない、彼なりの倫理と誠実さの分かる描写を付加しているのも印象的でした。

  • 姫野カオルコ『彼女は頭が悪いから』(文藝春秋,2018年7月)
     現実に起こった事件にインスパイアされたフィクション。出版されてすぐの頃にあちこちで話題になっていたんだけど、精神的にすごいダメージを喰らいそうな予感がしてずっと腰が引けていた。まあ案の定、ぐったりしています。
     被害者側と加害者側から、事件までの過程と背景を俯瞰的かつ分析的に追っていく。平凡な女の子を自認し心やさしく世間狭く自己評価過小気味の謙虚さを身につけて育った被害者と、エリート層として自分に疑問を持ったり社会的に自分より下とみなした他人の内面を慮ったりする暇を切り捨て効率的に育った、悪気のない加害者たち。その悪気のなさと両者間の断絶に心を削られる。最後まで自分のやったことの重みを実感できない加害者側の無邪気さにより読んでいるこちらにも、自分だって立場の違う誰かに対して想像力のなさや思慮の浅さに起因する加害をしてしまっているのではないかという怖さが突き刺さる。


  • 星野ルネ『まんが アフリカ少年が日本で育った結果』(毎日新聞出版,2018年8月)
     時々ツイッターでRT回ってきてたかただ! 書籍でまとめ読みできたんだ! と、今頃気付いて。カメルーン生まれで4歳直前から日本に住み、ふたつの国のあいだを行き来している作者が、そのルーツと生い立ちに起因する幼少期からの特別な体験をシェアしてくれたり、日本の大多数の人が抱きがちであるステレオタイプな認識を嫌味なく指摘してくれたり。とても明るく聡明なご両親のもと、健やかかつ伸びやかに広い視野で育ったことがうかがえる、笑いのテンポも軽快でハッピーな1冊。

  • 杜康潤『孔明のヨメ。』第9巻(芳文社,2019年1月)
     徐庶が母親を人質に取られて劉備のもとを離れる巻。徐ママが白井三国志バージョンみたいな不死身の猛烈婆さんだったら心穏やかに読めるのにって泣いたけど(脳内混線)、こっちのお母さまもお強い。主人公側からは敵方だけど色男な策士・郭嘉さん逝去も寂しい。
Posted at 14:29 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://days.mushi.pepper.jp/trackback/1262125