2019年11月に読んだものメモ

  • ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー The Real British Secondary School Days』(新潮社,2019年6月)
     アイルランド人と結婚してイングランドで暮らす日本人の著者が、地元の公立中学に通う息子さんのスクールライフを観察して綴ったエッセイ。とても面白く、ちょっと胸が痛く、でも前向きでさわやか。
     胸が痛いのは、この子がとても細やかで豊かな感受性と、まっすぐにものごとを見通す洞察力を持った少年で、それはもちろん、もともとの資質とかご両親の育て方のよさがベースにあるんだろうけど、同時に、もしや10代前半にして、この子は「聡明でなければ生きていけない」人生を送っているのでは……みたいなことも思ってしまうからかな。
     また、著者の力量あってこそだけど、さまざまな状況に置かれた生徒たちが通ってくる学校生活を描写するだけで、こんなにも英国の「現在」が浮き彫りになってしまうのだな、というのも感慨深い。この本に出てくる子たち、そしてすべての子たちの未来が明るいものでありますように。
     互いの靴を履いてみること、シンパシーよりもエンパシー。思わず湧いてくる共感ではなく、もっと能動的な、他者への想像力。そういったものを培っていこうという意志があるならば、きっと彼らが大人になる頃には、いまよりもう少し世界がよいところになっているはず、という希望を垣間見た。


  • 益田ミリ『かわいい見聞録』(集英社,2019年7月)
     日々の生活のなかにある、ちょっとしたささやかな「かわいい」ものたちを、ひとつひとつ取り上げ、改めて詳しく調べたり考察したり。ともすれば見過ごしてしまいそうな「かわいい」さえもすくいあげて気に留めている、益田さんご自身もなんだかかわいい。

  • 吉野万理子『イモムシ偏愛記』(光文社,2019年9月)
     とある下心込みで近所の大きな屋敷に住む老婦人と親しくなった中学生の少女。しかし老婦人はイモムシを捕獲してはホームステイさせちゃう大の虫好きで、お手伝いしてくれる子を求めていたのだった……。最初はいちいち悲鳴を上げたりと動揺していた主人公が、出会う虫たちについて詳しい説明を聞いたりしていくうちに、だんだんと興味を抱き、かわいさを見出していく過程が楽しい。そしてまた、家族や友人との関係、学校生活のこと、老婦人側の思惑などなど、ままならぬ展開に翻弄されつつもまっすぐに受け止め成長していくさまが愛おしい。

  • 砥上裕將『線は、僕を描く』(講談社,2019年7月)
     両親を亡くして虚無の日々を送っていた大学生男子が、たまたま出会った水墨画の大家に半ば強引に弟子入りさせられることになり、しかし大家が見抜いたとおりに資質を発揮し、寝食を忘れるほどにのめり込み、やがて周囲の人々との関わり、そして自然とのつながりを意識するようになって、身のうちに抱えた空洞が満たされ、目指すべき方向を見出すことができる。そのプロセスが、水墨画を描くという行為を通じて、効果的なドラマとして、繰り広げられている。なにより、水墨画の描写、それを描くときの感覚の描写が、秀逸。文字しかないのに、主人公の目の前にあるそれぞれの作品がどういう水墨画なのかが、もともとの知識皆無で読んでても鮮明にイメージできてる気がしてしまう。著者はご自身も水墨画家だそうですが、門外漢の人間をも強烈に引き込むような言語化ができるのすごい、と感嘆しました。

  • 遠田潤子『廃墟の白墨』(光文社,2019年9月)
     病床の父のところに届いた謎の手紙の指示に従い訪れた古いビルで、待ち受けていた男たちの話に耳を傾けるうちに、父の過去そして忘れ去っていた自分自身の記憶と向き合うことになる主人公。世間の「普通」から取り残され排除された人々が、現実的な生活から乖離してふわふわと暮らす一人の女性の周囲に寄り集まって生活していた自堕落な日々と、そのなかに放り込まれていた小さな子供、やがて起こる悲劇。歪んだノスタルジーと退廃と憧憬の入り混じったイメージが美しい印象を残しつつ、救いがあるのかないのか分からない物語を成立させている。


  • 荒川弘『百姓貴族』第6巻(新書館,2019年12月)
     荒川先生のご実家が乳牛部門をやめたのは、たしか当時、ローカル新聞記事のウェブ版がネットで話題になってて読んだような気がします。そのあとで去年9月の北海道の大地震が起こり、酪農家では断水や停電で牛の世話や搾乳などに支障が出て損害が大きかったが、荒川農園ではすでにやめていたので救われた部分も……というのは、あの時点では結び付けて考えていなかったので、そうかーって思いました。「牛社会のいじめ」ネタが興味深かった。同じ環境にいても、意地悪な牛が出てきちゃうくらいには、牛にもそれぞれの個性と性格があるんだなあ。お父さまの半年で4回のICUという入院話、恐ろしい。元気に退院なさってなによりです。荒川先生のご家族が病気になって、産休すら取らなかった先生がお仕事を絞っておられた時期のことにもさらっと言及があり。先生も皆さんも、いつまでもお元気でいてください。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    ここはなに?

    ウェブサイト「虫の居所」の一部です。
    管理人ならのが、そのときどきに考えたことや興味を引かれたもの、読んだものなどについて、心のおもむくままに、だらだらと綴るところです。心がおもむかないときは、更新停止しています。

    links

    最近の日々

    カテゴリ―別の日々

    これまでの日々

    コメントされた日々

    • 2016年3月に読んだものメモ
      ならの
    • 2016年3月に読んだものメモ
      かえる 改め きと
    • 2014年1月〜2月に読んだものメモ
      ならの
    • 2014年1月〜2月に読んだものメモ
      かえる
    • 2013年8月に読んだものメモ
      ならの
    • 2013年8月に読んだものメモ
      かえる
    • 2013年4月に読んだものメモ
      ならの
    • 2013年4月に読んだものメモ
      walkman
    • 2年が経ちましたね
      ならの
    • 2年が経ちましたね
      To-ko

    トラックバックされた日々

    日々の検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM